ダンサー紹介「ニコラ・ル・リッシュ」



ニコラルリッシュ

Nicolas Le Riche

1972年フランス生まれ。1982年、パリ・オペラ座バレエ学校に入学し、1988年に同バレエ団入団。1991年、プルミエ・ダンスールに昇格しヌレエフにより「ロミオとジュリエット」のマキューシオ、ロミオに抜擢される。

1993年、古典バージョンの「ジゼル」でアルブレヒトを踊った後、21才の若さでエトワールとなる。以後、オペラ座の殆どの舞台で主役を務めている。

シルヴィ・ギエムが客演でパリ・オペラ座に招かれた際、「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」等のクラシックバレエ作品で共演し、ギエムからの信頼も厚い。ローラン・プティやバランシンなど、現代的バレエ作品も数多く踊っており、新作品の初演を飾る事も多い。

2006年公開のフランス映画「オーロラAURORE」にパリ・オペラ座のトップダンサー達と共に出演し、話題を呼んだ。


ニコラ・ル・リッシュ出演の動画

→映画「オーロラ」より
→「マルグリットとアルマン(椿姫)」-1
→「カルメン」-2
→「クラヴィーゴ」-1
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。