ダンサー紹介「ニーナ・アナニアシヴィリ」



アナニアシヴィリ

Nina Ananiashvili

1964年、グルジアのトビリシ生まれ。10歳でフィギュアスケートのチャンピオンになり、その後、トビリシの舞踊学校で学ぶ。

4年後にはモスクワのボリショイ・バレエ学校へ転校し、ナターリヤ・ゾロトワに師事。 1981年にボリショイ・バレエに入団。

気品、繊細さと対照的な力強さとを併せ持つ。現在はボリショイ・バレエ団のプリマとして古典のあらゆる主役をつとめながらも、アメリカン・バレエ・シアターのプリンシパル・ダンサーとしても活躍している。

世界的な人気を誇るニーナ・アナニアシヴィリはロシア及びグルジアの人民芸術家でもある。

ニーナ・アナニアシヴィリの主なコンクール歴:

1980年ヴァルナ国際バレエ・コンクール  ジュニア金賞
1981年モスクワ国際バレエ・コンクール  ジュニアグランプリ
1985年モスクワ国際バレエ・コンクール  シニア金賞
1986年ジャクソン国際バレエ・コンクール シニアグランプリ

ニーナ・アナニアシヴィリ出演の動画

→「ドンキホーテ」よりキトリ
→「ドン・キホーテ」
→「バラの精」
→「白鳥の湖」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。