バラの精-1



バラの精-1

SPECTRE OF THE ROSE (Ananiashvili-Ruzimatov, 1991)

動画解説:

1991年、 ニーナ・アナニアシヴィリとファルフ・ルジマートフ
によって演じられたバレエ「バラの精」。

若い乙女を ニーナ・アナニアシヴィリ(Nina Ananiashvili)が、
薔薇の精をファルフ・ルジマートフ(Faroukh Ruzimatov)が踊ります。

音楽:カール・マリア・フォン・ウェーバー
振付:ミハイル・フォーキン

※このスタイルを見るとどうしても、ニジンスキー(の古い写真)を
 イメージしてしまうのですが…
 ルジマトフ、素敵です。

 「バラの精」ストーリー:
 初めての舞踏会から帰ってきた少女の元にやってきた精霊が、
 「私はバラの精。昨日あなたが舞踏会に連れて行ってくれた…」
 と少女と一緒に踊り、その後窓から飛び出していく。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。